一番分かりやすいのは硬い物を食べたり、歯磨きをすると、歯茎から出血するケースです。

重度になってしまう前に気づいきたい歯周病のサインとは?

MENU

歯周病のサイン

 

歯周病のサインについて

 

歯周病の怖い点は、初期の段階ではほとんど自覚出来ないことです。

 

歯茎や歯がダメージを受けて痛んでいるにも関わらず、それを認識出来ない状態が続くのです。
しかし、良く見れば歯周病の初期症状はしっかりと異変となって表れています。
歯周病のサインを見逃さないようにして、病気のリスクを減らすようにしましょう。

 

一番分かりやすいのは歯磨きの際に歯茎から出血するケースです。

 

通常では考えられない力で歯磨きをした場合は別ですが、普通の力で出血するなら歯周病のサインとなります。
歯茎には多くの毛細血管が通っており、炎症を起こすと外部の刺激に弱くなってしまいます。
そんな時に硬い物を食べたり歯磨きをしたりすると出血してしまうのです。
健康な歯茎であれば出血などしないので、出血を確認したら歯周病を疑いましょう

 

口臭がきつくなった場合も歯周病のサインです。

 

歯周病の場合、細菌が口の中で繁殖してしまい悪臭となるのです。
この口臭も自分では気付きにくいものなので、歯周病がどんどん進行してしまいがちです。
家族などに口臭が問題ないか確認してもらう習慣を作るのも良いでしょう。
ちなみに、口臭がひどくなるのは歯周病に限りません。
他の病気による変化の可能性もあるので十分注意しましょう。

 

朝起きた時に口の中が異常にネバネバする場合も歯周病を疑う方が良いです。
歯周病の原因となるプラークは粘着性が強い細菌です。
口の中で大繁殖している場合は、起床時などにネバネバとした不快感を伴うのです。

 

硬い物を噛むと痛い、歯茎が赤く腫れている、歯がグラグラと揺れるなど、これらも歯周病のサインとなります。
こうした歯周病のサインを見逃さないように、しっかりと歯磨きを行いましょう。

 

歯磨きをしていればこうした変化にすぐ気付けますし、そもそも歯周病にならない健康な歯を保てます。
歯周病にならないように、そして歯周病を早期発見できるように、歯磨きを毎日行いましょう。

 

歯周病はなぜ起こるのか?