歯周病の重症度による、抜歯やフラップ手術、歯と骨の再生手術が行われます。

今すぐにでも治療が必要な【重度】な歯周病の場合の治療法

MENU

歯周病の進行度別治療法~重度~

 

重度の歯周病は極めて深刻なレベルの状態です。

 

歯が抜け落ちてしまう、あるいは抜け落ちる寸前で黒ずんだシミが出来ているでしょう。
歯の隙間がスカスカで病気なのが誰の目にも明らかになります。

 

ネットで重度の歯周病がどのようなものか画像を探してみると良いです。
どれほどひどい状況になるかが分かるでしょう。

 

重度の歯周病になってしまったら、一刻も早く歯医者に行かなければなりません。
長い治療となりますが、決して治せない訳ではないからです。
だからこそ治療は少しでも早い方が良いのです。

 

治療方法ですが、これは歯周病の重症度にもよります。

 

主な治療としては、まずはどうしても残すことが出来ない歯を抜歯します。

 

骨が溶けてしまっていて、このままでは使い物にならないようであればインプラントにしなくてはいけません
重度の歯周病になると指でつまんで引っ張るだけで歯が抜けてしまうほどボロボロなのです。

 

次に歯周外科手術を行います。

 

細菌によって炎症を起こしている病巣を切り取り除去する必要があるからです。

 

フラップ手術を呼ばれており、歯周病で汚染された部分を除去して縫合する手法です。
これにより歯周ポケットを小さく出来るのです。
フラップ手術は保険が適用されていますが、基本料金は10万円以上となっています。

 

他にも、歯と骨の再生手術を行うケースも存在しています。

 

こちらは骨の再生を試みるものですが、長い時間が必要で個人差もあります。
歯を再生させる治療方法も存在しますが、保険が適用されていないものだと15万円以上の金額を負担しなくてはなりません。

 

 

重度の歯周病について説明する医師

そもそも抜歯する歯が出て来るので、それに伴う費用も相当なものになります。保険の適用を含めても相応の経済的な負担を覚悟しなくてはなりません。

 

重度の歯周病になったら1年から2年は治療を続ける必要があります長くてつらい治療をしたくなければ、重度の歯周病になる前に歯医者へ行きましょう。

 

重度の歯周病になる前に気付く瞬間はいくらでもあるのです。