歯ぎしりやストレス、タバコ、糖分の過剰摂取は歯周病の原因になります。

歯周病になぜなるのか?その原因に迫ります!

MENU

歯周病が起きる原因

 

歯周病を気にする女性

 

歯周病が起きる原因は明白になっています。
歯垢の中に潜む細菌が、酸を出して歯茎に炎症を起こしてしまうのが原因です。

 

歯垢は歯磨きで簡単に取ることが出来ますが、これが放置されていると硬い歯石になります。
歯石の周りにはさらに歯垢が集まりやすく細菌も繁殖しやすくなるでしょう。その結果、炎症が起こりやすくなり、ひどいと歯が溶けて虫歯や歯周病が起こってしまうのです。

 

歯垢はプラークとも呼ばれており、2日から3日で石灰化します。石灰化すると歯磨きでは落とすことが出来なくなるので、歯医者で歯石を取ってもらわなければなりません。

 

強くうがいをしても取れませんし、強い力で歯磨きをしても取れないのです。歯医者で硬い尖った機具で歯石を取ってもらったことがある人は分かると思いますが、専用の道具が無ければ完全に除去出来ません。

 

プラークと聞くとイマイチどんなものなのか想像がしにくいと思います。
なのでこう考えてみましょう。
プラークの1mgには10憶個の細菌が住み着いていると。
ネバネバする粘着性のプラークは細菌の集まりなのです。

 

大量の細菌が歯にこびりついているのですから、炎症によって歯周病になってもまったく不思議ではありません

 

日頃から歯磨きを徹底する習慣が大切になるのです。

 

ちなみに、歯周病を進行させてしまう原因が存在します。
それが歯ぎしりや食いしばる行為、ストレスやタバコの喫煙などです。
口の中の細菌バランスを崩し、時にはプラークに栄養を与えてしまうので歯周病の原因になります。

 

他にも、糖分が多い食生活を続けているとプラークが増殖してしまいます。
プラークは糖分をエサにしているので、甘いものや糖質が高いものは悪影響なのです。

 

ただし、これは糖分を摂取してはいけないということではありません。
食べた後に歯磨きを行えばまったく問題が無いからです。
歯石になるのも2日から3日なので、最低でも毎日1回正しい歯磨きを行うようにしましょう
たったそれだけで歯周病の原因を無くせるのです。