歯の隙間にある歯垢を取り除くには、歯ブラシ力を軽い力で優しく動かすのがポイントです。

あなた歯の磨き方実は間違ってるかも!?正しい歯磨きの仕方

MENU

歯磨きを見直す

 

歯の健康のために歯磨きを見直した女性

 

健康な歯を保つのに最も効果的なのが正しい歯磨きです。

 

歯磨きを毎日行っていれば、虫歯も歯周病のリスクもほぼ皆無になるでしょう。

 

毎日歯磨きをしていても虫歯や歯周病になってしまうのは、正しい歯磨きが出来ていないからです。自分の歯磨きの方法を見直し、正しいやり方を学んで歯の健康を保ちましょう。

 

歯磨きのポイントですが、まずは優しく動かすことを心掛けてください

 

男性に多いのですが、力いっぱい歯ブラシをこすりつけて動かす人が居ます。
実はこれ、歯磨きの効果があまり無いのです。

 

歯周病の原因になる歯垢は、歯と歯の間にあったり歯周ポケットに入っていたりします。
そのため、力を込めて大きく動かすと隙間にある歯垢が取り除けないのです。

 

正しい歯磨きとしては、軽い力で優しく動かすのがポイントになります。
そして小刻みに動かすのが大切になるのです。

 

大体、5ミリから10ミリぐらいの幅を目安にして、優しく小刻みに動かすのが正しい所作になります。イメージとしては歯を1本1本丁寧に磨き上げる感じです。

 

次に歯周ポケットの歯磨きのやり方です。

 

これは歯と歯周ポケットに対して、45度の角度で歯ブラシを当てます。
そしてゆっくり優しく小刻みに動かして歯垢をかき出します。
これによって歯垢が取り除かれて、すっきりとした清潔な歯を保てるのです。

 

 

歯磨きが正しく行われていると、朝起きた時に口の中がすっきりしているようになります。
寝起きに口の中がネバネバしている場合は、歯垢が除去出来ていないと考えて良いでしょう。

 

ちなみに、食後に必ず歯磨きをする習慣を付けるとベストです。
食後は細菌が口の中の糖分を使って酸を作り出し、歯を溶かしてしまいます。
もちろん、いきなり歯がボロボロになる訳では無いので過剰に気にすることはありません。
しかし、歯の健康を万全にするのであれば食後に歯磨きをするようにしてみましょう。
基本的には1日1回あれば事足りるという前提となります。

 

正しい歯磨きを行い歯の健康を万全に保ちましょう。歯並びが悪い人は歯磨きに工夫が必要なので、分からないことがあれば歯医者へ行って見てください。