歯は生きていくために生涯必要なものなので大切にしましょう。

歯周病に悩んでいる方必見!原因や治療方法などをご紹介

MENU

歯周病の予防法や治療について

 

綺麗な歯を持つ女性

 

何かを食べる際に大切なもの、それは歯です。
乳歯でなければ決して生え変わることのない、かけがえのない存在と言えるでしょう。

 

歯を大切にしているかを問われると、普通は虫歯の有無に注目します。

 

しかし、歯の健康とは虫歯に限らないのをご存知でしょうか?

 

歯の健康で必ず考えなくてはいけないのが歯周病についてです。

 

歯周病とは、歯垢(プラーク)の細菌によって歯肉に炎症を引き起こすものです。
虫歯の原因にもなるので毎日の歯磨きが推奨されています。

 

プラークは虫歯や歯周病の原因となりますが、その本質は骨を溶かす点にあります。

 

虫歯の無い歯であっても、それを支える骨がプラークに溶かされてしまえば抜け落ちてしまうでしょう。

 

歯周病になれば歯ブラシの際に出血や痛みを伴いますし、口臭の悪化にも影響を与えます。

 

歯周病以外の口臭でお悩みの方は、対策方法の一つとして口臭予防サプリなどの利用も検討しましょう。

 

また、歯の間に良く食べ物を挟まってしまうような場合も要注意です。

 

この歯周病を放置していると、歯肉炎や歯槽膿漏になってしまうでしょう。
最終的には歯を支える骨が溶けてしまい、すべての歯が抜け落ちてしまいます。

 

 

 

歯をキレイに保つために歯磨きをしている女性

 

歯周病の予防方法は至って簡単です。

 

それは毎日の歯磨きを欠かさずに行うだけなのです。
1日数分の手間で歯の健康を保てるのですから、こんな楽なことはありません。

 

ですが、正しい歯磨きを行っていなければ効果は半減してしまうでしょう。
歯の表面の歯垢をしっかりと落とし、歯の間を清潔に保つことが大切です。

 

さらに、歯だけではなく歯肉に対しても軽い刺激を与えるのがポイントです。
歯肉は刺激を受けないと弱ってしまうことがあります。
歯と一緒に歯肉に対して刺激を与えるようにしておけば万全でしょう。

 

 

 

では、歯肉炎や歯槽膿漏になってしまったらどうなるのでしょうか?

 

その際は歯医者で専門的な治療を受けるのが最善でしょう。

 

歯肉炎や歯槽膿漏の進行具合にもよりますが、治療により健康に近い歯肉にすることは可能です。
自分の歯を見て健康的ではないと感じるなら、すぐに歯医者の予約を取りましょう。

 

歯が抜け落ちてしまった際のショックは想像を絶します。
決して新しい歯は生えて来ないので、大切にしなければならないのです

 

 

 

さて、ここから歯周病に悪影響を与えるものをまとめたいと思います。

 

毎日歯ブラシをしていても、歯周病になってしまう人が居るからです。

 

まず、歯周病に悪影響なものですが、タバコの喫煙や不規則な食生活が挙げられます。
これらは歯垢を増やしてしまう原因になりますので改善するのが良いでしょう。

 

他には、歯ぎしりや歯を食いしばるクセがある人も歯周病のリスクが高まります。
歯にヒビが入ってしまい、そこに歯垢が入り込むからです。

 

ストレスも歯周病に影響を与えています。
ホルモンバランスが異常になると、口の中の細菌バランスが狂ってしまうのです。
歯周病とは実に様々な影響を受けて発症するものだと認識しましょう。

 

毎日の歯磨きが歯周病の予防に効果的なのは、歯の状態が悪化するのに素早く気付けるからなのです。

 

 

 

ずっと健康な歯を保つのであれば、小まめな歯ブラシとストレスフルな生活が必要です。
とは言うものの、素人が自己判断で歯の健康状態を決めてしまうのはリスクになります。

 

歯の定期検診をしている男性

 

そこでおすすめなのが歯医者で定期的な健康診断を受けることです。

 

歯にこびりついた歯石を落とすのも良いですし、虫歯が無いかチェックしてもらうのも有効です。

 

その際に歯周病が無いかもしっかりと確認してもらえるので、歯の状態を正確に知ることが出来るでしょう。

 

歯医者には1年に1回も行けば十分ですが、より確実な手段を取るなら半年に1回ぐらいがベストです。数千円の診察費で歯の安全を買えるなら決して高い買い物では無いでしょう。

 

歯周病はセルフチェックできる?

 

 

 

歯は食事を楽しむ大切な道具です。
代用出来ないものなので、歯周病には十分注意するようにしてください。